こあらと旅

ぼくの旅の行き先やホテルは、どうやって決まる?

こんばんは、こあらです。

前回のブログで、ぼくのセブンルールを紹介したのですが、その1が「月に1度は旅に出る」だったんです。

前回のブログを書いた4日後のお昼休み、ぼくは旅行会社にいました。

会社へと戻るぼくのカバンの中には、翌日のバスのチケットが入っていました。

11月23日が祝日のため、3連休だと気づいたのは、その前日のこと。

その日の朝は、まだ旅に出ることすら決めていませんでした。

さて、旅に出たがりのぼくは、いつもどうやって旅を計画しているのでしょうか?

今回は、ぼくの旅の決め方と旅をするのによく使うサイトなんかを紹介してみたいと思います。

それでは、今日もこあらんど、始まるよー!

旅の行き先って、どうやって決める?〜空の旅編〜

みなさんは、旅行先ってどうやって決めてますか?

行きたい場所が先にあって、それを前提に日程を決めるっていう時も、もちろんあると思います。

でも、そういう候補が特になかったり、逆にたくさん行きたいところがありすぎて困った時、どうやって行き先を決めているのでしょうか。

ベトナムに来てからのぼくは、3日以上の連休があると、とりあえず開いてみるサイトがあります。

使ってる人も多いと思うので、秘密兵器感はまるでないのですが、スカイスキャナーです。

スカイスキャナーのいいところは、行き先を入れずに検索できるところ!!

これがとっても便利なんです。

季節やタイミングによって、安く行ける場所ってちょっと変わったりするじゃないですか。

それをね、スカイスキャナーだと一発で調べられちゃうんです!

出発地と日程だけ入れて、目的地は「すべての場所」ってすると、安い順番にいろんな地域が出てくるんですけど、これが本当便利。

旅にはたくさん行きたいけど、全然お金持ちではないのでね、貧乏バックパッカーのぼくには安いに越したことはないですから。

トランジットが必要な場所に行く時に、いろんな経路をまとめて見られるのもいいなって思います。

時間に余裕があれば、トランジット先で入国することで1ヶ所多く旅できちゃいますから!

ちなみに行く場所が決まってる時は、日付を選ばず、月全体を選択することで一番安い日程を探すことも出来ちゃいます!

帰国のタイミングを考えるときなんかは、こっちで検索してみて決めることが多いです。

ってなんかスカイスキャナーの回し者みたいになりましたが、安心してください。

1円も、いや、1ドンももらってません(笑)

年末年始は、台湾へ行くことにしたんですが、それもスカイスキャナーと相談して決めました。

最後の最後まで、ミャンマーと迷ったんだけどね。

スカイスキャナーの検索結果見ながら、あー今回はのんびりしたいから海かなーとか、いろんなもの見て回りたいからこっちかなーとか、そうやってあれこれ妄想してるだけでも楽しいので、みなさんもぜひまずは妄想旅行してください(笑)

旅の行き先って、どうやって決める?〜陸の旅編〜

旅をするとき、必ず飛行機に乗るわけじゃないですよね。

ぼくのこないだの旅もバスでした。

日本でも安く移動できる夜行バスにはめちゃくちゃお世話になっていたので、ぼくにとっては、バスの旅ってすごく身近なもの。

しかもね、日本と違ってベトナムの長距離バスには、スリーピングバスっていうもともと席がベッドみたいになっているやつがあるんです。

それがとっても快適なので、機会があったらぜひ乗ってみてほしいです。

さてさて、バスを手配するのに、日本にいたときは、楽天トラベルとか、バス比較なびとかをよく使ってました。

ベトナムにも、バス会社はたくさんあります。旅行会社なんて、街を歩けばそこらじゅうにあります。

そんな中で、安心、安全、ローコストで使いやすいのが、シンツーリストです。

これも何を今更って感じなんですけど、実際に使ってみて、やっぱり楽なんですよね。

フンチャンバスもよかったけど、バス乗り場までバンに乗っていって、そこからバスに乗り換えないといけないのとかがちょっとめんどくさかったので、最近はひたすらシンツーリスト!

ホームページでスケジュールもチケットの値段も確認できるし、オンラインで買えるし、行き先もたくさんあるし、バスチケットだけじゃなく現地ツアーもあって、とっても便利。

日本に住んでいた時はピンとこなかったけど、バスでお隣のカンボジアまで行けたりしちゃうなんて、なんだかすごいなって思います。

陸路で国境を越える旅、今年はもう予定いっぱいなので、来年こそやりたい!

そうそう、そのシンツーリストにね、こないだのお昼休みに突然向かいまして。

3日後以降のバスじゃないとオンラインで買えなかったので、窓口へね、行ったわけです。

お店の前に簡単な路線図と行き先の表みたいなのが看板になって置いてあるんですが、それを3秒くらい見て行き先を決めて、翌日のチケットを買って、会社へ戻るっていう。

我ながら相変わらずフットワーク軽いなーと思いました(笑)

今月の22日からもどこか行こうと思ったんですが、飛行機があんまりいいのなかったのと、行きたいところが雨季だったりしたので、またバスに乗ることに。

今回は、山か海か悩んで、久しぶりに海のある街へ行きたいなってことで、バスで行ける海のある街に決めました。

って言っても、ベトナムって片側全部海なんだけど。

クリスマスイブに海なんて、生まれも育ちも北海道のぼくには、とっても新鮮なので今からとても楽しみです。

旅に出る時に持っていくもの

旅に出る時に、みなさんは何を持って行くのでしょう?

ぼくが持っていくものは、

・パスポート
・マネークリップ、現地通貨
・iPhone、イヤフォン、充電器、モバイルバッテリー
・2日分の着替え(ドミトリー泊のときは、部屋着も)
・タオル1枚
・ハンドタオル、ティッシュ、ウェットティッシュ
・歯ブラシ、歯磨き粉
・サングラス
・マスク

これが基本セットです。至って普通です。

日本にいた時は、帽子も旅の必須アイテムだったんですが、ベトナムに引っ越してくる時に全部売ったり処分してしまったので、しっくりくるキャップを探し中です。。。

旅って移動も多くて寝癖ついたりするので、キャップでごまかすのが定番だったんですよね。

3泊以上の旅行でも、基本的には着替えは2日分しか持っていきません。

ホテル泊の時は、自分でサッと手洗いして、干してから出かけます。

ドミトリー泊のときは、洗濯機があるので自分で洗濯するか、スタッフの人にお願いします。

なので、着替えは2日分あればOK!!

寒いところに行く時は、アウターとスニーカーを追加します。(ホーチミンから行きやすい東南アジアが主なので、基本的には暖かいところばかりですが)

ぼくの住んでいるホーチミンはいつでもあったかいので、日々サンダルしか履いてないんです。

旅にも、サンダルで出かけていきます。

移動中に足を休めるときにも脱いだり履いたりが楽だし、突然雨に降られて濡れてもOKだし、海にも行けるし、普段履き慣れてるから、旅先で15キロとか歩いたり走ったりしてもへっちゃらなんですよね。

なので、行きと帰りは必ずサンダルで、スニーカーはバックパックの中です。

行き先や日数によっては、Macbook airを持っていくこともあります。

Macを持って行く時でも、荷物は7Kg以内です。(LCCの手荷物制限がだいたい7Kg)

ぼく、日本にいた頃からずっとなんですけど、飛行機に乗るとき、ほとんど荷物を預けないんです。

海外だとロストバゲッジが心配なのも少しはありますが、荷物出てくるのを待つのが好きじゃないんですよね。

飛行機降りたら、もうパッと動き出したいんです。

LCCだと荷物預けるとその分オプション料金かかるっていうのもあります。

まあ、そもそも預けるほどの荷物持ってないんですけど。

最近預けたのは、ベトナムに引っ越してくるときのスーツケースくらいです。

マレーシアに行った時に、飛行機で席の上の棚にバックパックをしまおうとしたら、ほとんどスペースがなかったんです。

バックパックはベトナムに引っ越してくるときに買った機内に持ち込めるギリギリサイズなので大きめなんですよね。

でも、いつも通りスカスカで上半分は空いている状態だったので、それならばと、バックパックを二つ折りにしてみました。

そうしたらあっさり収まったので、なんか嬉しかったです。(笑)

あ、先日のダラットには、ワインオープナーにもなるキーホルダーを持って行きました。

ダラットワイン飲む気満々だったんです。

2wayどころか15wayくらい使い道のあるキーホルダーで、ハサミやドライバーにもなるので飛行機の時は引っかかりそうで持っていけないんですが、バス移動だったので、ついね。

ドミトリーにワイン買って帰って、ちゃんと自分で開けておいしくいただきました。

宿泊先は、ホテル?ドミトリー?どう絞り込む?

旅に出る時、どこに泊まるかっていうのも悩むところですよね。

ぼくは、Booking.comのヘビーユーザーなので、泊まるところはいつもここで探します。

hotel.comとか、Agodaとかいろいろあるので、人によって見やすさ、使いやすさは違うと思うのだけど、ぼくは日本にいた頃からずっとBooking.comです。

どのサイトを使っても、ホテルってすごいたくさんありますよね。

皆さんは、どうやってたくさんの中からホテルを決めますか?

ぼくは、ホテルを決める時は、まず金額の幅を設定します。(2019年1月1日のホーチミンで、4段階のうち一番安い価格帯で検索すると、1591軒がヒット)

次に、クチコミスコアの下限を設定して絞っていきます。(8以上を選択で、468軒がヒット)

そこからエリアや市区町村で更に絞り込みます。(1区を選択してみると、273軒がヒット)

数が多い時は、クチコミスコアを9以上に変更します。(変更後は71軒がヒット)

ここまで来たら料金が低い順に並べ直して、写真を見ながら決めるんですが、海外のホテルを探す時はクチコミのスコアだけじゃなく日本人のクチコミの内容を確認します。

日本人の思うホテルのサービスとか清潔さって、求めるレベルの基準が高いと思うんです。

なので全体のクチコミスコアが高くて、海外の方々のコメントは絶賛の嵐なのに、日本人だけ辛辣なコメント書いてたりするときがあったりするんですね。

そういうのをさらっとチェックしてみるようにしています。

もちろん読んだコメントの内容が自分的に気にならなければ、全然スルーします。

これ、安いホテルやドミトリーを選ぶ時に失敗しない法則だと勝手に思ってるんですが、今のところハズレなしです。

前回のダラットも、朝ごはん付きで1泊500円くらいのドミトリーに泊まったんですが、すごくいいところでした。

ぼくはドミトリーでの出会いや交流が好きなのと、単純にコスパがいいので、良さそうなドミトリーがあったら、ホテルじゃなくそっちを選ぶことが多いです。

先日のダラットでも、居合わせた皆さんと飲みにいったりして、とてもいい思い出になりました。

ちなみにぼくはトランスジェンダーでもあるので、ドミトリーを選ぶ時は極力男女共用のところにしています。

そうすれば、どっちに見えようが何にも気にしなくていいですから。

女性専用か、男性専用かに分かれてる時は、女性専用です。フロントでパスポート出しますしね。

気分的に、一人でゆっくりしたい時にはホテルに泊まることもあります。

そういうときは、ちょっとだけいいホテルにすることが多いです。

旅の日程はどれくらい決める?

修学旅行とか、ツアーとかだと日程があらかじめ決まっていますが、皆さんは旅に出る時、どれくらい計画していきますか?

ぼくはというと、ほぼノープランです。行き当たりばったり。

泊まるところと、絶対行きたいところややりたいことはピックアップしておいたりしますけど、そのくらい。

あとは旅先に着いてからの気分次第です。

目覚ましもかけません。それでもだいたい8時くらいには目が覚めて、動き出すことが多いです。

そして、1日15キロくらい歩き回るんですが、かなりの確率でどこの国を歩いていても中国人に中国語で話しかけられます(笑)

道を訊かれたり、写真撮ってって頼まれたり、しょっちゅうです。

中国語の練習になるからいいんですけどね。

年末年始に台湾に行くのですが、今回は英語にも日本語にも頼らず、どれくらい中国語だけで行けるか試してみようと思っているので、それも楽しみです。

しかし、北京に住んでたのが10年以上前だなんてびっくりだなぁ。

そうそう、今回は台湾一周の旅なので、毎日場所を転々とするんですよね。

めいっぱい時間使うために、目覚ましくらいはかけようかなと思っています。

おわりに

さて今回は、先日友人にいつもどうやって旅してるの?って訊かれたので、旅について書いてみました。

特に変わったことをしてるつもりもないのですが、いかがでしたでしょうか。

皆さんのおすすめの旅先や、旅のお役立ちサイト、グッズなどありましたら、ぜひ教えてください!

それじゃまたね。

関連記事

  1. こあらと旅

    台湾一周、“環島”の旅!日数や費用はどのくらい?台湾鉄道の旅!

    あけましておめでとうございます、こあらです。今年も、こあらとKOAL…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. こあらのいろいろ

    今年のうちにやっておきたいことは何ですか?
  2. こあらとベトナム

    ベトナム在住2年目の管理人こあらが思う、ホーチミンとハノイの違い-気候編-
  3. こあらのいろいろ

    こあらんど、はじまるよ
  4. こあらのいろいろ

    ぼくが楽しく生きるための7つの決め事とは?
  5. こあらとベトナム

    ベトナム在住2年目の管理人こあらが思う、ホーチミンとハノイの違い-コーヒーvsお…
PAGE TOP